テーマ:ジロ

猫と海苔(キティちゃん)

日本一かせぎのいい猫?キティちゃん(笑) に会いにサンリオピューロランドに行ってきました。 いや、目当ては宝塚歌劇の演出家さんが制作された「キティちゃんのくるみ割り人形」ショーだったんですが (無駄に豪華で本格的で、爆笑また爆笑。まじオススメ!) 猫(キティちゃん)グッズ売り場がまたすごい。 キティちゃん柄のネクタイとか、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ペット霊園体験記:夏

兄弟で一番可愛かった(主観)ジロの野良子猫時代の写真です。 ジロが亡くなって3年 お骨はずっとリビングに置いてあったのですが 思う所ありまして、先の日曜にペット霊園に埋葬してきました。 問い合わせしたらちょうど、毎月の法要にすべりこみで間に合うとのことで ちょっと運命?と感じて申し込み。 この霊園は、昨年、近所のディ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ペットのドキュメンタリー

老犬を介護するってドキュメンタリーをNHK深夜に再放送してて なにげなく見て箱ティッシュ大量消費^^; わんこが若かった時の愛らしさ100倍の写真と 今のよぼよぼの映像を並べてきやがるうえに もはや自力歩行できないわんこが 飼い主が出かけようすると頭を必死にもたげてクンクン鳴き続けるあたりで もはや涙腺決壊。 あぁ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

猫からの手紙

坊主manさんのブログで紹介されていたあの人からの手紙というのを私もやってみました! タロとサブからのは はぁ? てな感じだったんですが 亡きジロの名前でやってみたらこれが↓ まちゃら、こんにちは! 噂のジロです。 今日は、ミーがまちゃらのことをどう思っているかを書きます。 正直いって、ミーの小指の先の赤い糸は、まちゃら…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

猫の暑さ対策

暑い。 東京は36度越え。  道理で、昼間ちょっと玄関開けたら異様な熱気が押し寄せてきたわけだ。 サウナの扉を開けたようだった。 室内でも温度計は31度で「冗談じゃねぇ」と思ったのだが、外よりはまだマシだったわけね。  うちはお猫さまが冷房お嫌いなので極力エアコンを使わない。 今日も使わなかった。 どうしてるかというと、家じ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

猫は犬より人気が無いのか

○ゾンカード会員割引の日とてチャリっと買い出しに。 と猫用品棚の近くで「○このきもち」なる雑誌のリーフレット発見。 本屋では売らないし1册(1ヶ月)では売らないという大きい態度^^;の雑誌、最近新聞広告もすごくうってるので気になってたが、果たしてどうなのだろう? なんて思ってたら、他の本で衝撃的な一文を目にしてしまった。 …
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

大好評!猫のヘソ天

更新しないと書いた手はどの手(以下略) 大好評ってどこで? 私の脳内で(笑) で、写真はジロのヘソ天。 おばかっぽいでしょ~口なんて開いちゃってもう(^0^) やっぱり懐いてるコほど、ヘソ天率高いですかね? あ、でも懐いててもサブはヘソ天しない~せいぜい横向き…内臓弱いか?サブ(泣) そういえば、サブの耳の先っぽは冷…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

愛するものを遺して

9日は東京駅ステーションギャラリーで美術鑑賞。 「無言館ー遺された絵画展」 先の大戦で亡くなられた美大生さんたちの遺作集、いやぁ覚悟はしてましたが最初の2~3枚でもう涙ツーツー鼻たらたら^^; また平日昼間なのに美術館混んでて! 画学生さんたちより少し年下? 弟妹またはお子さん年代のシニアがいっぱいいっぱい… 遺作も泣けます…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

猫のおみやげ

3月5日は啓蟄の日。 で思いだすのは半野良の頃ジロが持ってきたオミヤゲ、いま土の中から出たホヤホヤって感じの、セミの幼虫。 あまりに気の毒で、即ジロから取り上げなるべく猫の魔手の届かなそうな木の枝の上に一生懸命置いてきた。 なのに2日ほど後、ジロが持ってきたのは、まだ羽根がうす青い感じのセミだった。 それも必死で逃がし、なのに数日後、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫と会話

ジロが死んだ後、サブに「ジロのぶんまで仲良く してね」と言ったらまさにそのタイミングで 「ニャッ」と鳴かれて、号泣した。 昨日、就寝時ふとんの上で丸まったサブの顔が こっちを向いていたので「サブちん大好きー」と 言ってみたら、またその瞬間「ニャニャッ」と 鳴かれて、飼い主大感激(笑) いや正確に翻訳したら「うぜぇババァ」…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

道ばたで、愛を叫んだけもの

次男坊ジロは野良の頃から甘えっこで、兄弟の中で 一番警戒心が薄かった。 「それは一番バカ、てことよ」と獣医の友にいわれ 凹んだが事実、おばかちゃんだった。 道で会うと、ことさら土のばばっちい所で転がって 「なでて」と言った。 愛を試されてるようだった(笑) もちろんなでたけど。 なでてると友人が脇を通った。 ら、ジロ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more